タグ: , ,

「側弯と背中(左肩甲骨付近)の痛み」(30代女性 Webディレクター)

2カ月前に受けた健康診断で、初めて「側弯」を指摘された。20代の頃から胸の大きさが左右で違っていたが、これのせいではないかと思った。また背中の痛みはここ1年くらい続いていて、仕事が忙しいからだと思っている。側弯と背中の痛みがなんとかならないかと思い、来院した。

初回来院時の状況

初めて指摘された側弯は後方から見て逆S字状のダブルカーブで、肩の高さは右が高くなっていた。整形外科的テストのアダムステストでは、腰部左に軽度のハンプ(盛り上がり)がみられた。軽度の構造的側弯が腰部にありそうだが、症状のある左肩甲骨付近の側弯は機能的なもの(姿勢のクセ)と思われ、カイロプラクティックで対応可能と判断した。カイロプラクティック検査では、胸椎に問題が見つかった。

施術内容及び経過

動きの悪くなっている胸椎を中心に、肩甲骨、腰椎の動きをカイロプラクティックの矯正で正していく。週に1回の施術を3回続けたところ、日常での背部痛はほぼ消失した。胸椎の動きが良化して胸部の側弯は減少し、自覚症状と客観的な評価が一致していた。座るときに左肩が下がる傾向が残っているので、間隔をあけながらバランスアップをしていくことになった。

担当者コメント

背骨に左右のカーブがある状態が側弯で、骨自体の変形(構造的側弯)かクセによるもの(機能的側弯)かをスクリーニングするのがアダムステストです。小学生の頃に、前屈して親に背中を見てもらったことがある人もいらっしゃることでしょう。構造的な側弯は角度によっては心臓や肺に影響を与えるため、成長期にはしっかりした経過観察が必要です(定期的な専門医受診やレントゲン撮影等)。逆にいうと、成人してから初めて指摘される側弯はクセによるもの(機能的側弯)が大多数です。
この方の場合も初めて指摘されてびっくりなさったようですが、カイロプラクティックに来られる方にはよくある程度のものでした。背骨の関節の動きを正すことで、姿勢と症状に良い変化が現れました。
(G)
№E29415

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ