タグ: , ,

「結婚式までに巻き肩と猫背を直したい」(20代女性 会社員)

背が高く、学生の頃から今も背中を丸めるような姿勢をとりがちで、巻き肩,猫背になってしまった。肩こりも慢性的にある。体が固くなっていて背すじをただそうとすると腰に違和感があった。10ヶ月後に結婚式の予定なのでそれまでに姿勢を改善したい。

初回来院時の状況

姿勢をチェックすると頚椎の前弯と胸椎の後弯が減少したいわゆるストレートネック/フラットバックの状態で、頚椎と胸椎の移行部(さかいめ部分)が後ろに出っ張って固まっていた。さらに下部胸椎と上部腰椎の動きも固く、背中を伸ばそうとする動きを妨げていた。
また、肩甲骨を背中側に安定させる筋肉の筋力が低下しており、反対に前胸部の筋肉は収縮が強い過緊張になって肩甲骨が前に引っ張られたようになっていた。

施術内容及び経過

まずは背骨の動きをスムーズにするためのモビリゼーションとアジャストメント(カイロプラクティックの関節矯正)をおこなった。矯正をした背骨の関節は肩甲骨周り(頚椎や胸椎)や腰回り(胸椎や腰椎)の筋肉にも関係するところであり、首や肩甲骨が正しい位置に安定したり、良い姿勢を維持したりするための筋力が発揮しやすくなることを同時に目指し、併せて筋力アップのためのホームエクササイズをアドバイスした。
二度目は早めに続けて矯正をおこない、背骨の可動が改善して背すじが伸ばしやくすなったことと、姿勢を維持する筋肉に力が入りやすい感覚が出てきたので、ホームエクササイズを増強,継続してもらい、1ヶ月〜1ヶ月半に一度チェックと矯正をおこなった。
無事に結婚式を終えて現在は姿勢チェックや肩こりのフリーメンテナンスに移行している。

担当者コメント

巻き肩や猫背を改善して姿勢を良くするためには、まずは不良姿勢がクセになって固まってしまった背骨の関節の矯正が必要です。その上で、重力に抗って丸まらずに姿勢を維持するための筋力が重要になります。
猫背姿勢で丸くなって固まってしまいやすい部分は、それらの姿勢を維持するための筋肉の、付着部や支配神経的に関係のある部分であることが多く、相互に悪影響になってしまっている可能性があります。
(M)
№F95420

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ