タグ: , ,

「慢性腰痛・腰猫背のバランスチェックをして欲しい」(30代男性 デスクワーク)

腰痛は慢性的で、それこそ5年とか10年前から続いている。デスクワークなので、腰猫背からくると思っている。長く歩いていたり立っていたりすると症状が強くなり、足の後ろ側(ハムストリングス)をストレッチすると軽くなることが多い。軽くなっても一時的で、また腰痛は出てきてしまう。今年30歳なので、一度体の歪みをチェックしてもらい対処法を教えて欲しいと思って来院した。首肩こりもあるので、全身のバランスをみて欲しい。
関係あるか分からないが、1年半前に胸椎を圧迫骨折した。後で聞いた話では、電車で座っている時にけいれんを起こして反ってしまい、イスから床に落ちたらしい。1週間入院して、脳外科でてんかんを疑って検査をしたが、異常はなかった。圧迫骨折自体は、安静にしていて良くなった。

初回来院時の状況

頭部が前方で、腰の前カーブが消失し(胸腰移行部が後方)、骨盤との境目(腰仙部)だけが極端に反っていた。本人の言う腰猫背は、この胸腰移行部から腰仙部にかけてのことと思われた。おじぎをしたり腰を反らせたりしても、その場では腰痛は誘発されない。長時間の立位・歩行でのみ、誘発されるようであった。下肢伸展挙上検査は陰性も、ハムストリングスは短縮していた(いわゆる体がかたい状態)。膝をかかえるように丸めていくと、足のつけ根(鼡径部)につまり感があった。本人の言葉を元に圧迫骨折した部位を探すと、胸椎7・8番にミスアライメントがあった。カイロプラクティック検査ではその少し上の胸椎5番と、胸腰移行部の腰椎1番、左仙腸関節、頚椎1番に問題が見つかった。

施術内容及び経過

問題の見つかった背骨の関節に対して、カイロプラクティックの矯正を行って動きをつけていった。背骨の関節が動いてくることで、理想的な姿勢を取りやすくなり体の負担は減っていく。10日後の2回目も継続して施術を行ったところ、背骨の動きが良くなり腰猫背は解消された。良くなったバランスをキープできるように、姿勢のクセからストレッチすべき筋肉(ハムストリングス・腸腰筋)と強化すべき筋肉(腹斜筋・腹横筋)をお伝えして不定期メンテナンスに移行した。

担当者コメント

ご本人が「腰猫背」というキーワードをおっしゃって、自分の体と向き合いたい気持ちが伝わってきました。以前テレビ番組「世界一受けたい授業」で紹介され、その時から気になっていたようです。
細かく姿勢分析を行い、どの背骨に矯正をすると良いかを判断しました。特に胸椎圧迫骨折の既往があるため、慎重かつ効果的に施術を進めました。2回でご本人も効果を実感されたようで、お伝えしたエクササイズを積極的に取り入れていただくことができました。骨格を矯正してからのエクササイズが、効率的です。
姿勢のクセを骨格から正してどのようなエクササイズが合うかを客観的に評価してもらいたい方は、ぜひ背骨の専門家であるカイロプラクティックでチェックしてみてくださいね。
(G)
№E91317

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ