タグ: ,

「鵞足炎による左膝の痛みで空手ができない」(40代女性 主婦)

2週間前から、左膝(ひざ)の内側が痛い。来月の空手昇段試験に向けてランニングを始めたところ左太ももの内側に張りが出たが、そのまま続けていたら左膝の内側が痛くなってしまった。整形外科を受診したところ、レントゲンで「異常なし」。診断は、鵞足炎(がそくえん)だった。治療は湿布(2日でかぶれたため中止)、そして毎日電気と超音波をあてた。先週1週間通ったが一向に良くならず、紹介されてスターカイロプラクティックに来てみた。今はじっとしていてもジンジンと痛み、歩くと足をついたときに痛みが強くガクッとする。鎮痛剤を飲まないと、歩くのもつらい。昇段試験があるので、早く空手を再開したい。

初回来院時の状況

入室時、左足がつくと痛みが出ていた。そして左の鵞足(膝の内側)を押すと、痛みがあった。左膝をかばうように右足重心で、姿勢の左右差がみられた。左ひざの半月板・靭帯にストレスをかける整形外科的テストは、陰性。鵞足に付着している、左内側ハムストリングスに力を入れにくい状態だった。カイロプラクティック検査では、その筋肉が付着している左の骨盤(仙腸関節)と神経を送っているレベルの腰椎に問題がみつかった。

施術内容及び経過

問題のみつかった腰椎と骨盤に、カイロプラクティックの矯正を行った。その場で、左内側ハムストリングスには力が入るようになり、鵞足を押した時の痛みも軽減した。しかし、炎症がおきているので歩くと痛みが残っていた。3日後の来院時は、じっとしている時は痛くなく足をついただけでは痛みは出ない。まだ力の入り方が弱く、施術を継続して状態を安定させていく。するとその1週間後には、鎮痛剤は服用せず、短時間の歩行では痛みが出ないようになっていた。ただ1日歩くと夕方にはジンジンとした痛みが残っていた。さらに続けて施術を行い、初回来院時から3週間後には空手の練習を再開できるようになった。その2週間後来院時には空手の練習を続けていても左膝に問題がなく、検査上も特に問題は見られなかった。バランスの左右差を整えて終了となり、無事昇段試験に間に合った。

担当者コメント

スポーツをしている人・アスリートによく見られるのが、この鵞足炎です。膝の内側にある筋肉の付着部が炎症をおこして、痛みが出ます。繰り返しの負荷がかかる根本原因が何かしらあるはずで、局所的な対症療法では運動を再開した時に再発することがあります。
今回のケースでは、問題を特定して骨格から根本的に正していきました。炎症をおこしている部分に負担がかかりにくいバランスで安定させることで、練習再開後も痛みが出ることなく試験に間に合わせることができました。
(G)
№E95017

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ