タグ: ,

「右股関節の痛み 背骨のゆがみ」(50代女性 サービス業)

以前から慢性的に、右股関節に違和感があった。長年かけて蓄積されてきたのだと思うが、1年前からは歩き出すときに痛みが出るようになった。動いてしばらくするとおさまる。重い荷物をいつも右肩にかけているので、背骨が曲がっているのかもしれない。10年位前に、整体で「右肩の方が高いし、右のまゆげが上がっている」と言われたことがある。肩の張りもあるので、全身診てほしい。

初回来院時の状況

姿勢の左右差があり、以前指摘されたと本人が言う通り右肩は上がっていた。股関節周囲に目を向けると、右足重心で右股関節外側の筋肉が引き伸ばされている。右中殿筋は力が入りにくく、それをかばっているせいか右大腿筋膜張筋には力は入るものの痛みが誘発された。整形外科的テストパトリックテスト(足を4の字にする)では、右股関節痛が誘発された。カイロプラクティック検査では、中殿筋に神経を送っているレベルの腰椎と、姿勢の要素から胸椎・頚椎に動きの悪さが確認された。

施術内容及び経過

骨盤ブロックで骨盤周囲のバランスを整え、筋肉の緊張がゆるんだところで問題のみつかった腰椎、胸椎・頚椎にカイロプラクティックの矯正を行っていった。矯正後には、右中殿筋に力が入りやすくなり大腿筋膜張筋は痛みが出なくなった。またパトリックテストでも、右股関節痛の誘発は診られなくなっていた。ただ、カイロプラクティック検査ではまだ動きが良くなかったため、1週間後に2回目の施術を行った。歩きやすくなっていたが、臀部に痛みは残っていて、右中殿筋は力の入りにくさが戻っていた。継続して施術を行い、安定させていく。その1週間後の3回目来院時には、歩き出しに痛みが出なくなっていた。右中殿筋の力は入りやすくなっていて、パトリックテストでも痛みは誘発されなくなっていた。右肩が下がってきていて、肩の張りも楽になっていた。最終仕上げで施術をして、姿勢のクセを戻らないようにするため右中殿筋を強化するメニューをお伝えして、ケース終了となった。

担当者コメント

思い当たるキッカケがなく気がついたら違和感から痛みに変化していた場合、多くは日常生活の中に原因が潜んでいるものです。この方の場合は、姿勢のクセだったのではないかと思います。接客メインで立ち仕事をされていたので、その立っている時に負担がかかりやすいバランスになっていたと思われます。本人が背骨のゆがみを気にしていた通り、姿勢のクセに一致したレベルの背骨にカイロプラクティック的な問題がありました。全身をケアしつつ、症状が出ている右中殿筋には集中的なアプローチを行ったことで右股関節の動きも改善されて症状が出なくなりました。
カイロプラクティックはホリスティックにチェックして、そこから原因を探っていきます。重力による負荷は、姿勢のバランスを整えることで軽減させていくことができます。
(G)
№F02317

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ