タグ: ,

「右膝と股関節の痛み」(50代女性 デスクワーク)

1ヶ月半くらい前に大掃除をしていたときに右膝に痛みを感じ、それ以来右膝を深く曲げられなくなり正座ができない。しかし両足で立つと右膝を伸ばしきれない。
右の股関節周囲(殿部,外側,鼠径部)は5年前に痛くなり、整形外科を受診。股関節が浅いことと右膝の変形が始まっていると指摘され、「このまま変形が進み痛みが強くなれば手術」と言われた。その頃より体重を10kgほど減らしたがまだ痛む。手術は避けたい・湿布で炎症を抑えているだけでは根本治療にならないと考えていたところ職場の方にスターカイロを紹介されて来院。

初回来院時の状況

骨盤の右側が後ろに傾くようなゆがみがあり、大腿部〜膝にかけて付いている筋肉の短縮や筋力低下がみられた。
股関節そのものも左側に比べて右側の可動域が特に外旋/外転の方向に制限が強く、内旋/内転方向に動かしてみると引っかかり感とともに痛みが誘発された。

施術内容及び経過

骨盤のゆがみや腰椎の関節の問題を矯正して、右の股関節と膝関節にかかる余計な負荷の軽減と、大腿および膝周囲の筋肉の筋力や柔軟性の回復を目指した。
初回の施術では「少し歩幅を大きくすることができた気がする」以外の変化は感じられなかったとのことだったが、それから週1で5回計6回継続して受けていただき、1ヶ月半後には正座ができるようになった。
その後は骨盤や腰椎のゆがみによる下肢長差や股関節周囲の筋力のアンバランスを改善して、家でのエクササイズと併せて、股関節の安定性アップや股関節にかかる負荷及び痛みの軽減のメンテナンスに移行した。

担当者コメント

股関節や膝関節は体重を支えて歩行するための大きな筋肉に囲まれており、これらの筋肉の筋力バランスが崩れてしまうと関節にかかる負担が大きくなりやすいです。また加齢によりその負担の蓄積が大きなダメージになりやすい(変形性関節症を生じやすい)ところでもあるので、付着部である骨盤や、支配神経の通り道である腰椎の関節の問題を矯正しながら、ウォーキングやエクササイズで筋力バランスを維持して、姿勢改善や健やかな関節の状態を維持できると良いです。
(M)
№F21918

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ