タグ: , , ,

「右股関節前面(鼡径部)と膝の痛み」(60代女性 会社経営)

1カ月前の寒い日にゴルフに行きストレッチをしたところ、違和感があった。その1週間後に良くない姿勢で座って仕事をしていたら、立つときに右股関節前側と右膝に痛みが出た。さらに3日後には本当に痛くなって、気功の先生に駆け込んだら少しマシになった。しかし痛みは続いていて、右膝を左右に振ると痛みが出る。腹筋に力を入れると歩けるが、一昨日・昨日とゴルフをしたところ、痛くてスイングができなくなった。夫に紹介されて、カイロプラクティックを受けてみようと思った。2週間後に、海外へ行く予定がある。

初回来院時の状況

立位姿勢で骨盤の高さに左右差がみられ、足の長さは相対的に右足が長くなっていた。痛みでスムーズに歩くことができず、ゴルフのスイングをしようとすると右鼡径部(股関節前面)と右膝に痛みが誘発された。右縫工筋に力の入りにくさがあり、左縫工筋に力を入れると反対側の右鼡径部に痛みが出た。右仙腸関節と仙骨にカイロプラクティック的な問題が見つかった。

施術内容及び経過

骨盤輪のバランスを正すことで右縫工筋に力が入りやすくして、右足にかかる負担を軽減させていくように調整をしていった。骨盤ブロックを用いて、ローフォース(弱い力)でバランスを整えていく。カイロプラクティック・アジャストメントができるようになったところで、骨盤矯正を行った。その場で右縫工筋には力が入りやすくなり、左縫工筋に力を入れても痛みはでなくなった。海外に行く予定があったため、間隔をつめて施術を継続していった。2回目(3日後)には、痛みはあるがスイングができるようになっていた。さらに3回目(その4日後)には、スイングで痛みがなくなっていた。しかし、長時間座った後の歩き出しで、5歩くらいは右股関節に痛みがでる。継続して施術を行い、安定させていく。そして海外へ出発する日の午前中4回目には、歩いている時の痛みは消失していた。右縫工筋にも痛みなく力が入り足の長さもそろっていたため、良い状態で海外へ出発することができた。
2週間後に帰国された5回目来院時には、旅先が暖かくて何も問題が起きなかったとのことだった。カイロプラクティック的な問題も解消されていて、メンテナンスに移行した。

担当者コメント

縫工筋に問題が出て、股関節前面(鼡径部)や膝の内側に痛みが出る人は多いです(起始・停止の関係)。特に膝をひねる動きをするスポーツ(ゴルフやテニス、サッカーやバスケットボール等)をしている方に、多くみられます。
この方の場合も問題箇所は、右の縫工筋でした。おそらく以前から少しずつ疲労が蓄積されていたところに、寒い日のゴルフで顕在化してしまったとのだと思います。カイロプラクティックで骨盤全体のバランスを整えることで神経筋機能が改善し、いつもの状態に戻していくことができました。短期集中で施術できたのも良かったと思います。
(G)
№F12117

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ