タグ:

「左股関節痛 ストレッチができない」(30代女性 歯科助手)

20代の頃から週2回程度ヨガやストレッチなど軽い運動を習慣にしている。
2ヶ月ほど前ヨガをやっているとき開脚で左股関節を痛めて以来、立ち仕事をしていたり歩いたりすると痛むようになって今仕事を休んでいる。
立ち仕事では左重心になりやすく、慢性的に腰痛があった。

初回来院時の状況

立位の自然肢位で軽度O脚、左股関節の内旋傾向がみられた。股関節周囲筋の筋力アンバランスや骨盤の“ねじれ”による下肢長差を伴う関節の可動制限があり、それが左股関節のじゅうぶんな外旋,外転を妨げているとともに腰の筋肉に余計なストレスをかけていると考えられた。

施術内容及び経過

骨盤の見かけ上のゆがみと関節の可動制限の方向を丁寧にチェックしながら矯正をおこなっていき、併せて伸張不全を生じて過緊張している筋肉の緩和操作と股関節自体のモビリゼーションをおこなった。
初回施術後は歩行など日常生活では痛みをほとんど感じなくなった。ストレッチは右ほど十分にはできない状態であったので、引き続き矯正とホームエクササイズで短縮筋の柔軟性回復と周囲筋の筋力アップによる負荷軽減を目指した。2回の施術の後3週間後には仕事に復帰し、現在は腰に感じる疲れや肩こりのメンテナンスに移行している。

担当者コメント

股関節の痛みは背骨や骨盤の矯正だけでは消失しないケースも多くて難しいですが、このケースは骨盤の関節の可動制限が開脚動作を妨げていると同時に股関節周りの筋肉の筋力低下を引き起こして内転筋群にかかる負荷を大きくしていたために痛めてしまったものと考えられます。どうしても仕事内容等によって、姿勢が固定されたり繰り返し負荷がかかったりして負担が大きくなってしまうことはありますので、動かしにくいと感じたら無理なさらずご相談ください。
(M)
№G20221

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ