タグ: ,

「左上肢の痺れ」(40代男性 医師)

2年前から左腕に痺れのような痛みが出るようになり、今は左肩から手指橈側(親指側)にかけて症状がある。仕事で内視鏡を使う時やPC作業をする時に症状は強くなる。整形外科で診てもらったところC5/6脊柱管狭窄症で、リリカとオパルモンを処方され服用したが効かなかったため手術を勧められた。頚椎を削るのは嫌なので何とかならないかと検索してスターカイロに来た。

初回来院時の状況

頭部が前凸し上部胸椎の後弯が増強され下部頚椎にストレスがかかる姿勢になっていて、頚部の可動域が低下している。頚部伸展時及び肩関節の水平伸展と外旋の動きで症状が強くなる。その他の上肢橈側の痺れ誘発のテストでは、斜角筋と棘下筋ともにトリガーポイント押圧で関連痛が出現した。

施術内容及び経過

初回は下部頚椎にかかる負担を軽減するため上部頚椎と胸椎を矯正し、斜角筋と棘下筋(併せて肩甲骨周囲の筋肉)の緩和操作をおこなった。肩関節を動かした時の痺れ・痛みが消失したが、仕事をしたらまた症状は同じように再発した。2回目来院時には下部頚椎の矯正もおこない、その後1週間は症状が落ち着いていたとのこと。継続して頚椎の矯正と筋肉の緩和操作をするうちに、気にならない程度になった。仕事が忙しいと(痛みの程度は弱いものの)再発するので定期的にメンテナンスをおこなっている。

担当者コメント

神経痛の薬が効かない場合、レントゲンやMRIの画像上で脊柱管狭窄があるように見えても、その狭窄が神経を刺激している(またそれによる痛み)というわけではないこともあります。ただ画像上で頚椎の関節の狭くなっている部分には問題があるはずだとカイロプラクティックでも考えます。今回のケースは主に首や肩甲骨周囲の筋肉によって引き起こされた症状でしたが、その筋肉に問題(今回の場合はトリガーポイント)が生じたのは頚椎の“ゆがみ”のせいだと考えられたので、来院時に持っていらした頚部MRI画像を見て納得していただいてからカイロプラクティック的なチェックと矯正をおこなって症状の改善を目指しています。
(M)
№G22622

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ