タグ: ,

「寝違え?首スジの痛みが2週間」(40代女性 デスクワーク)

2週間前の朝、起きようとしたら首の左側が痛く、首の後ろスジが固くなっていた。
寝違えだなと思って様子見していたが、2週間経っても首スジの痛みが変わらない。温めても良くならないが悪化もしなかった。

初回来院時の状況

安静時痛はなく、首を動かすと痛み、特に左に振り向く動きと頭を後ろに反らす動きのときの痛みが強い。首の左側の局部痛で、肩や腕に拡がる痛みや手の痺れなどはなし。
首の左後ろから左の上部肋骨や肩甲骨上角あたりかけて筋肉が硬くなっており、仰向けに寝ても緩まない。腫れや赤みなどはなし。

施術内容及び経過

患部への接触による疼痛や筋反射(伸張反射)に注意しながら頚部の可動触診をおこない、筋肉の付着部のうち可動制限がみられた頚椎の4番の関節をアジャストメント(カイロプラクティックの矯正)したところ、仰臥位での首の可動制限が改善して疼痛が消失、筋肉の硬さも緩んだ。
硬くなっていた筋肉そのものや頚椎への負担を軽減するため肋骨や肩甲骨の関節モビリゼーションや胸椎の矯正を併せておこない、姿勢や血流の改善と再発防止を目指した。
起き上がって首を左に振り向くように動かすと痛かった首スジの下の方に少し痛みが残っていたものの可動域は広がり、頭を反らしたときの痛みは消失した。

担当者コメント

寝違えは急性,一過性の症状で、多くの場合2〜3日でピークを過ぎて1週間ほどで軽快します。
しかしこのケースのように、筋肉の捻挫だけでなく頚椎の関節に問題が生じていることが多く、その問題が残ってしまって症状が長引いたり、再発を繰り返したりしてしまうことがあります。
頚椎の関節の矯正は寝違えた当日でもおこなうことができ、早期回復につながるケースが多いです。自己判断で合わないストレッチをしてしまうと悪化してしまうこともあるので無理をせずご相談ください。
(M)
№C96711

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート ストレートネック パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 肩痛 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ