タグ: , , ,

「四十肩なのか、痛くて右腕があげられない」(30代後半男性、システムエンジニア)

肩こりで月に1回メンテナンスに来られている方が、多忙により2か月ぶりの来院になった際、右肩の痛みを訴えられた。
右腕をあげようとすると、肩が痛くてあげられない。先週末、子供を抱っこして遊んでいたときは大丈夫だったが、週明けくらいから現在の状態になった。思い当たるのは、これくらいしかない。

初回来院時の状況

右腕を横に開くようにあげていくと、肘が肩より少し上の角度で痛みが出る。痛みの出ない角度に戻して力を抜いてもらい、他動的に角度をあげても同じように痛みがでる。自動運動でも他動運動でも痛みの誘発があり、筋肉の問題に加え関節の問題も示唆された。
細かく検査を行うと、右の肩関節に制限がある。外転(横に開く動き)以外にも、外旋、屈曲方向にも制限がみられた。また右の肋骨が後方に出ていて、肩甲骨が前上方に押しやられてしまっている。この右肩の巻き込みが、結果的に肩(肩甲上腕)関節のアライメントを乱し、本症状を引き起こしていると思われた。

施術内容及び経過

後方に出ている右肋骨と、それに対応する背骨(胸椎)の関節の動きを正していった。右肩甲骨と肩関節のアライメントを正すためである。また、肩に神経を送っている頸椎にもアジャストメントを行い、回復を促した。さらに、関節包内の循環を良くする目的で、痛みの出ない角度で肩関節を他動的に動かした。
2回目の来院時には、屈曲方向での痛みはなくなったものの、外転・外旋時には痛みが残っていた。1回目の続きで、関節へのアプローチを続けたのに加え、硬直している筋肉を動きやすくする筋膜リリースも行った。
3回目の来院時、外転時の痛みは減ったが、外旋(腕を外に回す)時の痛みが残っていた。外旋の途中で痛い角度があり、そこを超えると痛くない状態であった。継続して、背骨と肩関節の調整を行った。
初回から2か月後の4回目来院時には、全く痛みがなくなっていた。右肩関節の制限がとれてきたのに比例していた。その後は、肩こりに対してメンテナンスを定期的に行っている。

担当者コメント

ご存知のように、四十肩は炎症を伴う肩関節の可動制限です。程度には個人差がありますが、一度重度に固まってしまうと、日常生活にも支障がでるほどです。また、寝返り時に目が覚めるほどの痛みを伴うこともあります。
この方の場合お医者さんで診断は受けていませんが、肩関節の可動制限が進行するのは良くないと思われました。そのため、いつものメンテナンスより間隔をつめて調整を行いました。その結果、早期の改善につながりました。
カイロプラクティックでは、物理的なアライメントを正すことと、神経機能の改善を目的とした施術を行うことができます。この二つがうまくかみ合うことで、短期間での改善につながりました。
(G)

№S58415

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る