タグ: ,

「首・肩・背中左側の痛みと左手のしびれ・冷感」(40代男性 コンピュータプログラマ)

10年前から、慢性的に症状がある。首・肩・背中の特に左側が痛く、自分でマッサージをしてからでないと寝付けず、仕事中も痛くて気になるようになっていた。残業が減れば良くなるだろうと思っていたが、そうではなかった。5年前に病院で診てもらった時は、MRIで脳血管は問題がなかった。1年前に整形外科を受診し、レントゲンで「骨に異常なし」だった。治療はトリガーポイント注射で、打ってもらうとしばらく楽になる。痛くなるたびに打ってもらっているので、多い時は月に4回注射してもらっている。
繰り返し注射が必要なのは姿勢のせいではないかと思い、来院した。左肩が上がっている気がして、整形外科では「痛みのせいで上がっている」と言われた。確かにトリガーポイント注射で痛みが治まっている時は、左肩が上がっていない気がする。それとキーボードを打っていると、左手がしびれてくる。チクチクして、冷やっとする。

初回来院時の状況

本人の言う通り、左肩が上がって前方に巻き込んでいた。そして、左肩甲骨付近の肋骨は後方で固まっている状態だった。頭を前に倒すと左肩甲骨周囲に痛みが出て、触ると関連痛を出すポイント(トリガーポイント)が多数見つかった。左手の皮膚温を測ると、右より1℃低かった。

施術内容及び経過

左肩甲骨が前上方に挙上しているのは、左肋骨の可動制限が原因と思われた。その肋骨と関連のある胸椎を中心に、コンピュータ時の姿勢のクセを正してトリガーポイントが出来にくいバランスになるように、カイロプラクティックの矯正を行っていった。初回の施術後、左手の皮膚温が上がり、右手と差がなくなっていた。1週間後の2回目来院時には、左肩甲骨内側は痛くなくなっていて、触ると左手のしびれはあるが一日の大半で気にならなくなっていた。状態が良い方に変化していたので間隔を開けながら2カ月で計5回のカイロプラクティックを行ったところ、症状が気にならなくなり、左肩が下がり背骨・肋骨の動きが改善してきたためメンテナンスに移行した。

担当者コメント

近年多くみられるタイプで、肋骨の可動制限からくる肩の巻き込みが症状の原因でした。関連痛が、腕や手に出ることも珍しくありません。カイロプラクティックの矯正で肋骨の動きを正していくと、早く変化が現れてきます。仕事が忙しく固まった姿勢が続いたため、2カ月かけて安定するところまで進めました。骨格から正していくと、姿勢にも自然と変化が表れてくることがほとんどです。
(G)
№E49415

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ