タグ: ,

「右足を上げてのY字バランスで痛みが出る」(50代女性 会社員)

慢性的に右のお尻から坐骨、太もも裏側に痛みがあるが、寒くなって気になってきた。前屈したり、足を上げたり(バレエでY字バランス)すると、痛い。2~3年前に整形外科を受診した時は、レントゲンで「問題なし」と言われ、治療は湿布だった。自分では、右股関節の可動域が狭いと思っている。これまでマッサージやストレッチに行ったことはあったが、カイロプラクティックは受けたことがなかったため来院した。

初回来院時の状況

Y字バランスで、右坐骨付近を中心に痛みが誘発された。立位姿勢は右に傾いていて、骨盤の高さの左右差が大きかった。側方から見ると腰椎はストレートで、理想的な前カーブが減少していた。整形外科テストでは、下肢伸展挙上検査は陰性も、股関節のテスト(パトリックテスト)で右陽性だった。カイロプラクティック検査では、腰椎と右の骨盤に問題がみつかった。

施術内容及び経過

右股関節に関与する右骨盤(仙腸関節)と、殿部から足に神経を送っている腰椎に対して、カイロプラクティックの矯正を行っていった。1回の施術で、Y字バランスは横から足を上げやすくなったが、前から足を上げると痛みが残っていた。2回目来院時には痛みは減っていたが、まだY字バランスで前から足を上げにくさが残っていた。そこで、前回の腰椎・骨盤に加え、右股関節にも動きを付けていった。するとその場でパトリックテストが陰性になり、Y字バランスで前から足を上げても違和感がなくなったため、メンテナンスに移行した。

担当者コメント

日常的にバレエをされているため、ご自身の異変にはすぐに気がつかれるようです。これまでできていたことがある時できなくなっている・痛みを伴うようになっている、というのは、アスリートや競技者にとってパフォーマンスに悪影響を及ぼします。早めのカイロプラクティックケアで、バレエを続けながら回復することができました。
その後も右股関節に違和感が出ると、不定期でメンテナンスされています。一度いい状態になっているので、ほとんど1回の施術でその後しばらくは調子が良いようです。
(G)
№D96014

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ