タグ: ,

「変形性膝関節症、膝の痛み、正座ができない」(70代女性 茶道指導)

正座ができない。正座をしようとすると痛みがあり膝の後ろからふくらはぎが圧迫されて痛みを感じる。ふとももの前側が完全に伸びないで痛みを感じる。
12~3年前に両膝(特に左)の「変形性膝関節症」と診断を受け、整形外科で電気治療を受けたり薬をもらったりしていた。良くならないため1年間ほど整体にも通ったが良くならなかった。半年前からはひどくなったためペインクリニックへ行って薬の他注射も打ってもらっている。
通院に1時間以上かかるが、娘の紹介でSTARカイロプラクティックを受診してみた。

初回来院時の状況

O脚も進み膝の内側の軟骨がすり減ってきており、膝関節の可動域が制限されていた。ふとももの前側の筋肉(大腿四頭筋)が硬くなり膝のお皿の動きも悪くなり可動制限の原因の一つになっていた。足関節の可動制限や股関節の可動制限も関与していた。骨盤のゆがみは左の膝をより悪くする原因にもなっていた。

施術内容及び経過

施術は骨盤や腰椎の矯正の他、股関節、膝、足関節の動きに関する施術、そしてリハビリのような施術も加えて行っていった。
週に1回の施術を4回行った頃には調子の良い時も出てくるようになってきた。その後も週に1回の施術を続け3か月後には短い時間だが座椅子での正座ができるようになり階段の上り下りもスムーズにできるようになった。その後も痛みは出なくなったが正座が完全には出来ない状態が続いた。

担当者コメント

病院などでの薬や注射による消炎治療や患部の回復を促す電気治療の他、カイロプラクティックで神経の流れを促し関節の可動域に対しても施術を行うとより改善するケースがあります。しかしながら、軟骨のすり減り方などによっては不可逆的な問題であるため改善に限界があったりします。
ケースバイケースではありますが、少しでも早めに施術が始められると良い結果になることが多いと思われます。
(T)
№D95214

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ