タグ: , ,

「骨盤のゆがみなのか、左脚のつけ根(股関節前)がしびれる」(40代女性 主婦、パート)

3年前から、ジムでパーソナルトレーニングをしている。機械を使って腹筋をするようになったところ、脚のつけ根あたりからポキポキと音がするようになった。ここ1カ月くらいは、左脚のつけ根にジワジワとしたしびれが出ることがある。ジムでレッグカールをすると鏡に映った足の長さが違っていたため、骨盤のゆがみが原因ではないかと思い来院した。

初回来院時の状況

自覚通り脚の長さに左右差(脚長差)があり、骨盤からくるものであった。姿勢の左右差も大きく、くびれが左はあるが右はない状態であった。アンバランスな状態でのジムトレーニングが、左脚のつけ根にしびれを出す要因となっているようだった。特に骨盤の中央に位置する仙骨を押すと、左脚つけ根にしびれを誘発した(関連痛)。右の腰方形筋には、力の入りにくさがみられた。

施術内容及び経過

左脚しびれの原因となっている仙骨に対してカイロプラクティックの矯正(骨盤矯正)を行うとともに、くびれの左右差を減らして負担を分散できるようにバランスを整えていった。週1回ペースで2回施術を行ったところ、仙骨を押しても左脚のつけ根にしびれは出なくなった。まだ脚の長さに左右差が残っていたため、ジムでのトレーニングを再開しながら2週間後に再度カイロプラクティックで調整をおこなった。すると脚の長さに左右差がなくなり(本人の自覚でも)右の腰方形筋にも力が入りやすくなり、バランスが整ってきたためメンテナンスに移行した。

担当者コメント

骨盤のゆがみが原因で、脚の長さに左右差(脚長差)が出ることはよくあります。日常では特に問題がない場合でも、運動をして体を動かすと異変に気がつくことがあります。この方のように、関節の関連痛として脚にしびれが出る場合もあります。
カイロプラクティックでは、関節に直接アプローチしていくことができます。そのため関節が動き出して良い状態になると、関節からの関連痛は出なくなります。あとはそのバランスで運動を続けると、良い状態をキープしやすくなります。
(G)
№E34615

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ