タグ: ,

「腰痛と股関節の痛み(変形性股関節症)」(30代女性 会社員)

腰痛は、社会人になってから慢性的にある。1年半前に部署を移動してから特にひどくなり、常に張っている。
股関節痛は、14歳の頃からある。18歳の時に整形外科を受診したところ、変形性股関節症と言われた。左右とも大腿骨頭がギザギザになっていて、その後の定期健診時には臼蓋も変形していた。祖父も変形性股関節症だったので、遺伝だと思っている。治療は特になく、定期的に病院へ行き経過観察中である。現在は常に痛いが、ひどい時は歩けないくらい痛いので週に2~3回は痛み止めを服用している。今回は3日前に、右の股関節から足先まで全体的にほてっているような痛みがあり、太ももはだるく右膝には痛みも出た。思い当たるのは、ここ2週間は1日中ヒールをはき続けている日がほとんどで、そのまま走ったりもしたこと。

初回来院時の状況

姿勢が左右に傾いていて、腰椎は前弯(前カーブ)が増していた。股関節の拘縮を見る整形外科テストは、左右とも陽性。仰向けで膝を抱えるようにすると、股関節を直角に曲げた時点で鼠径部に痛みが誘発された。カイロプラクティック検査では腰椎と右骨盤の関節に問題がみつかり、左右の腸腰筋が短縮していた。また、股関節自体も外に開く(外旋)動きが少なくなっていた。

施術内容及び経過

腸腰筋に神経を送っている腰椎と右骨盤の関節に、カイロプラクティックの矯正を行っていった。併せて、短縮している腸腰筋のストレッチも加えていった。週に1回ペースで2回施術をしたところ、痛み止めの服用が週に1回に減った。続けて同じペースで計6回施術したところ、股関節の可動域が増えるにつれて膝を抱えた時の痛みが減少していった。また日常でも股関節・腰の自覚症状が減り、痛み止めを服用しなくても大丈夫になった。しかし、仕事でヒールを履くと繰り返し痛くなるため、施術を続けた。計8回終了時点で、ヒールでの痛みは消失したため、メンテナンスに移行した。

担当者コメント

骨の変形そのものは、カイロプラクティックではどうすることもできません。動きによる痛みの軽減や、変形の進行をできるだけ遅らせることが、施術の目的となります。
この方の場合、股関節には直接アプローチせず、腰や骨盤、短縮した筋肉のバランスを整えることで、股関節にかかる負担を減らしていきました。その結果、日常での痛みの軽減と股関節の可動域の拡大が達成されました。今後はバランスを保つためのメンテナンスをされると、状態を維持しやすいのではないかと思います。
(G)
№E39115

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート アンチエイジング パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
 
LINE 友だち追加 日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ