タグ: , , ,

「側弯症、姿勢が悪い、体が歪んでいる」(20代女性 会社員)

小学生の頃から側弯と言われている。健康診断でもいつも側弯症と書かれる。

最近、写真撮影で左肩下がりを指摘され、自分でも背中の骨や筋肉の左右差が目立ってきている気がする。仕事で長く座っていたりすると左腰痛や右背部痛、肩こりなどが出るようになってきた。

初回来院時の状況

胸部には右凸の側弯があり胸郭も右後方へ膨らんでいるため、右肩甲骨が外上方に押し出され逆に左肩甲骨が下がっている。

腰部には左凸の側弯があり腰椎と骨盤の間にストレスを受けるような状態のため、同部位に腰痛を起こしていた。

右背部痛は側弯の右凸と左凸との移行部あたりに起こっていた。

全体として構造的側弯がみられるが、症状と関係する各部位には機能的側弯が加わったことでゆがみをより大きく目立たせ症状に発展していると考えられた。

施術内容及び経過

施術はゆがみを正すのではなく、症状を改善させて行くことが目的である。そのため、構造的側弯があっても、ない人と同じように機能的な問題個所を矯正(アジャストメント)して行く。各回毎に生じている症状に対してそれが改善するように施術を進めていった。

概ね月に2回程度の施術を行い、ほとんどの症状はその場で改善するように進められて行き、主観的にも客観的にもバランスは良い方向へ向かっていった。

約半年後の7カ月目に入った頃、カイロプラクティックを受診して初めての健康診断があり、そこでのレントゲン診断では、小学生以来初めて「異常なし」となった。

担当者コメント

施術の目的はあくまで症状の改善です。したがって、症状はないが左右差があるという場合には基本的には矯正は必要ありません。それは構造的(元々の)左右差があると考えられます。この方の場合もその点をご理解頂いた上で、全身の各症状を改善させる目的でメンテナンスが続けられております。

元々あった左右差が強調されることによって発症している場合が多く、それらの症状を改善させると結果として、その左右差も軽減するという事です。カイロプラクティックを行っている上で珍しいことではありません(T)

№C95511

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 膝痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る