タグ: ,

「腰痛と下肢痛(しびれ):椎間板ヘルニア」(20代男性 会社員:SE)

一カ月ほど前から腰痛を感じ始め徐々に悪化していった。今月初めは最悪の痛みで100m程歩くとひどく痛みが出ていた。長時間座った後に立ち上がる時にも痛みが増す。
整形外科へ行ってレントゲンとMRIを撮影し「椎間板ヘルニア」であると診断された。痛み止めと筋弛緩剤と胃薬を渡された。患部には湿布を貼るように渡された。

初回来院時の状況

ひどい痛みのため逃避姿勢(腰が横にずれたような姿勢)をとっている。左脚を引きずって歩いている。椎間板ヘルニアに対する整形外科学検査は陽性を示す。MRIでも確認されたとの事で椎間板ヘルニアがある事は間違いないと思われるが、問診の内容や間欠性跛行、その他の検査で脊柱管狭窄を思わせる兆候がある為、同鑑別に気をつけながら進める事にする。

施術内容及び経過

ローフォース(低刺激)を中心に症状を軽減させ、その後問題個所にアジャストメントを加えていくという方法をとる。そして注意事項とエクササイズを伝えて継続治療とする。エクササイズは各回毎に出来る範囲が変わり、その都度発展させ内容を変えて行く。
施術を行うと2~3日はほとんど問題ないがその後症状がまた出てくるとの事で、最初は週に2回のペースで計4回行う。その頃には脊柱管狭窄症の軽い症状が主となる。2週間に1度を更に2回計6回目が終わると、歩いていても症状は出なくなり、長く立っていると若干違和感を感じる程度になった。
7回目に来院された時には全く症状がなかった(主観的客観的)ため、全身のメンテナンスを行い終了とする。

担当者コメント

その後半年後に若干違和感があるとの事で来院され一度の施術で改善、その3年後にも違和感があるとの事で来院され一度の施術で改善されました。
当初は痛みで顔を歪め足を引きずっていた方ですが、最近では症状がはっきりと出る前に来院されるので一度で改善し、再発もしていません。カイロプラクティックには予防という考えがあります。皆様も是非、症状が出てしまう前に予防してみて下さい。(T)

№S22204

→症例報告のトップページに戻る

カテゴリ タグ ぎっくり腰 しびれ めまい アスリート パフォーマンス 予防 側弯症 全身 医療関係者 坐骨神経痛 姿勢 子供・学生 寝違え 急性腰痛 有名人 椎間板ヘルニア 猫背 産後 股関節痛 肩こり 肩甲骨 背中の痛み(背部痛) 背骨のゆがみ 腰痛 自律神経 頚部痛(首の痛み) 頭痛 首こり 骨盤のゆがみ 骨盤矯正
日本カイロプラクターズ協会認定 当院はJAC(日本カイロプラクターズ協会)の
認定治療院に指定されております

完全予約制
予約について詳しくはこちら

リピーターとご紹介が多いのには
理由があります!

クーポンはこちら 対応クレジットカード

スターカイロ ブログ 妊娠までの準備、妊娠中の整体(マタニティ整体)、そして産後の骨盤矯正などのケア 治療体験談 患者様の声 症例報告 症例数 地域no.1 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ 大田垣晴子さんによる「わたしって・・・」掲載マンガで見る治療の流れ
取材協力・メディア掲載 アクセスマップ
東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル5F (507)
メールでのお問い合わせ

STARカイロプラクティック自由が丘整体院の口コミをもっと見る